カテゴリ: 子犬のしつけ

噛みの力加減を教える

噛むことについて

犬は人間と違い手足を使って物を掴んだり、その対象物の形や温度を把握することは出来ません。
そのために、何をするにしても口にものを入れて、口の中の感覚で対象物を知ろうとします。
しかし人間社会で生活するようになると、甘噛みでも犬によっては遊んでいるつもりでも、人を傷つけることもあります。

犬が噛むことは人間が手で物を掴むぐらい普通のことであり、どの犬でも必ず行うことです。
そして人が物を触ろうとして叩かれたりするとストレスになるのと同じように、犬も噛むことを強制的に止めさせられるとストレスになります。
しかし犬の噛む力は強いので、人間と生活していく上では、どれぐらいの力加減で噛めばよいかを教えないといけません。

これをしないと何でもかんでも力一杯噛むようになり、人の手や腕なら歯が刺さって怪我をします。
そして犬にも噛むや引っ張るという行動は欲求として求めるので、これを満たしてあげる必要があります。

噛む力の訓練

まずはもしも犬が強い力で噛んできたなら、その時は痛いと言って犬を強めに叩きましょう。
もしかしたら遊んでじゃれているときに、自然と犬に強く噛まれることもあります。
犬を叩くことは良くないですが、このような時は例外であり、しっかりと叱るとが大切です。
そうしないと、犬と飼い主との立場が逆転し、犬が上の立場と考えるようになり、飼い主の言うことを聞かなくなります。

そして日常では、噛む遊びを取り入れて、噛む力を教えてあげましょう。
まずはボールなどの噛んでも壊れないようなおもちゃを用意して、遠くに放り投げて持ってこさせるような遊びをしましょう。
これにより犬は本能を取り戻し、獲物を捕らえる訓練ともなり、ボールを捉えると飼い主に捕らえたと言うことをアピールします。

タオルなどを用意して、犬と引っ張り合いをする遊びは、飼い主との力関係をわからせる意味もあり、歯にも刺激を与えて良いです。
タオルやヒモなどで引っ張り合いをする時は、必ず飼い主が力で勝つようにしましょう。
そうすることで、飼い主の方が強いと犬にわからせることになります。
ただし毎回飼い主ばかりが勝つと犬のストレスとなるので、3回に1回ぐらいは犬が勝つようにしてあげると良いです。

また部屋の中には噛んでも良いものと噛んではいけない物も存在するでしょう。
おもちゃやタオルなどは噛んでも良いですが、例えば飼い主の腕などは噛んではいけません。
必ず噛んではいけない物に噛んで傷つけたりした場合は、必ず犬を叩いてしかって、噛んではいけないことを教えましょう。
飼い主がこれをしないと、犬が噛んで良いものとそうでないものを理解できませんので、家の備品などを壊すこともあります。

根気よく「だめよ!」で困ったクセが直った

困ったクセの対処法

困った癖15年ほど前たまたま前を通りかかったペットショップに、「格安紀州犬」の張り紙があった。
血統書付きの紀州犬を見るのは初めてで、その姿の美しさに一目ぼれしてすぐに買うことに決めてしまった。
子犬が家に来たときはすでに6か月くらいになっていて少々大きくなり過ぎていたが、
真っ白で姿も凛々しくとても器量よしの犬だった。

また、頭も良かった。
さっそく犬のしつけの本を買ってきてしつけを開始したが、いろいろなことを次々と覚えていった。
しかし、困った癖がひとつあった。
庭でうんちをした後自分のうんちを食べるのだ。
そこで、この困った癖を直す方法はないかとしつけの本を読むと、「困ったクセを直す」というページがあった。
このしつけの本、「パートナードッグの育て方・しつけ方」(日東書院)によると、フンを食べても、
健康上の問題は起こらないが、見ていてもいやな習慣なので早く直したほうがよい。
まず栄養のバランスに問題がないかどうかチェックし、駆虫していなければすぐに行う。
これらに問題がないと考えられるときは、エサにコショウを混ぜてやる。

しかし、最後にはやはり教育するしかない。
フンを食べている現場をつかまえて叱るか「天罰」を与える、とあった。
「天罰」とは、飼い主が犬を罰していることを犬に知られないように叱ることで、
空の空き缶を地面に落として大きな音を出して犬を驚かせたりして叱る方法だ。
こうすると犬は飼い主ではなく、天からお叱りを受けたように思うので、犬を叱るときに有効だ。
そこで、すぐに実行に移した。
エサにコショウを混ぜるのはかわいそうだと思いコショウは混ぜなかったが、フンを食べている現場を捕まえては叱った。

たたいてはいけません

ちなみに、このしつけの本によると、犬を叱るときは絶対にたたいてはならない。
たたいて叱ると、噛む犬になってしまう恐れがあるそうだ。
犬を庭に放して、うんちをしたらそれを食べ出すのをみはからって空き缶を投げて「天罰」にしたり、
犬の目を見て大きな声で「だめよ!」と叱ったりした。
そうこうするうちに、いつの間にかうんちを食べないようになっていた。

恐らく、1、2か月くらいだったと思う。
そして、1歳になったころにはしつけの行き届いた、もちろんうんちを食べない、とてもいい犬に成長していた。
私が参考にしたしつけの本は、欧米流のパートナードッグを育てるための本だ。
とても良い犬に育った我が家の犬を見て、いい本に出会ったことに感謝している。
しかも、紀州犬の雄犬なので、もしも間違ったしつけの仕方をしていたら、
問題行動を起こす犬になり、寿命まで飼いとおすことができなかったかもしれない。
人間から見るとうんちを食べるのは汚いし、気持ち悪い行動に映る。

しかし、犬にとっては必ずしも異常行動とは言えないようだ。
自分のうんちを食べて栄養補給するというのも聞いたことがあるし、
動物園でゴリラが自分のうんちをバナナのように手に持って食べているのも見たことがある。
しかし、人間と同居するにはうんちを食べる犬では困る。
叱られたわけを犬が理解できるよう、「うんちを食べた瞬間に叱る」を根気よく続けていけば、
1、2か月で直っていくことと思う。

愛犬のしつけ~食糞~

食糞をやめさせたい

今、犬を飼っている方は多いですよね。
犬によって癒されるのはよくわかりますし、犬がいたら家族の会話が増えたというのもよく聞きます。
でも多くの人が必ずしも、犬のしつけをきちんとして、
大満足の犬との生活をしているのかといえば残念ながらそういうことはないのです。
とかく、犬の糞に対しての悩みというものが実は少なからずあるのです。

それは、食糞です。
つまり、自分が糞をしたときに食べてしまうのです。
これは、犬としたら悪いことをしているという意識でやっているのではないですね。
ドッグフードの臭いがしたのかわかりませんが、食べるという行為をする犬がいます。
でも、これは、とっても嫌ですよね。
犬をかわいがっている人は犬と一緒に生活をしています。
ときには、犬の口が自分のくちに当たることもあるのに犬は、糞をたべているなんて、ぞっとします。
でも、子犬のころにこの食糞を習慣にしてしまうと、なかなか治らないとも聞くのです。
ですから食糞のクセをみつけたら、ただちに対策をしたほうがいいです。
たべるときは、人がみていないときが多いようです。
糞をして、だれもいないときに食べるというのは、それをしたら怒られると犬がわかっているから、
見つからないうちに食べてしまおうという自己防衛になっていくのです。

観察する事が重要

対策としては、いつ犬が糞をするか、観察する習慣を持つということです。
それができないのであれば、朝、夕 散歩の習慣をしっかりとつけて、
糞はその時間にするものという習慣をきっちり犬の中に植え付けるということもあります。
また、これがいい方法だと思うのですが、糞をしたらほめて、ご褒美をあげるというのです。
おやつでもいいでしょう。
これによって、糞をしたらおやつをもらえるから、飼い主に知らせようとするのです。
ですから、鳴いて教えるようになるかもしれないですが、少なくともたべてしまうということは減るというのです。
これも、逆転の発想ですよね。

どうしても、人は、そんなものを食べるなんて不潔極まりないと思って起こるのがふつうです。
でも犬にしてみたら、怒られるのがいやなので、隠れて食べるようになるのです。
これを、糞をしたらほめて、おやつを与えるようにしたら、
犬にしたらまたこれで、おやつがもらえるから、知らせようという行動をとるようになるというわけです。
犬でも人間でも、叱られるよりも褒められるほうがいいにきまっています。

でも、人間はかなしいもので、つい怒ってしまうことが先にたってしまうのです。
いままでのしつけのやり方をもう一度見直すのもいいかもしれないですが、大人の犬になってからでは、
混乱することがありますから良いしつけを実行するなら、やはり、子犬のときからやったほうがいいのだと思います。
そのときも、人間が感情的にならないように冷静にしつけをやったほうがいいと思います。
つい、機嫌が悪いと犬にやつあたりをする人がいますが、そういうことはやめたほうがいいですよね。
犬を飼うのも、修行のようなものかもしれないです。

犬を飼ったら健康に気を付け予防接種して、しつけをしなければならない

犬は家族として扱う

犬を飼うと言う事は、家族が増えたと同じ事かもしれません。
健康に気を付けて、予防接種を受けさせ、ご近所や周りの人に迷惑をかけないようにしつけをしなければなりません。
子犬を迎えたら、生後五十日くらいには感染症を引き起こすウィルスや
細菌から子犬を守るための予防接種をしなければなりません。
2回する場合と3回の場合がありますが、子犬が初乳を飲んでいたかによって異なってくると思いますので、
購入したお店などに良くお聞きすることが良いと思います。
その後予防接種は、毎年受けなければなりません。
ワクチンで予防できる感染症には、犬ジステンバーウィルス感染症、犬伝染性肝炎、犬バルボウィルス感染症、
犬伝染性咽頭気管炎、犬パラインフルエンザ感染症、犬レプトピラ感染症、コロナウィルス感染症などがありますが、
住んでいる場所によって、感染の可能性の低いところもあるようですので、
何種の予報接種をするかは獣医師さんと相談することになると思います。

その他、狂犬病の予防接種は法律で義務付けられているために、毎年することになります。
蚊が媒介するフィラリア(犬糸状虫症)の予防もしなければなりません。
これは蚊の発生がおさまってから1カ月ぐらいは、薬を飲むことになります。
愛犬を病気から守り家族の一員として受け入れるためには、しなければならないことがたくさんあります。
しつけは人間社会で上手に生きていけるようになるためにもとても必要なことです。
予防接種をするまでは、家から出さない方が良いと、以前は考えられていましたが、
犬の大切な社会科の時期と重なるために、気を付けながらも早い社会化を勧めている獣医さんも多くなっています。

散歩は予防接種が済んでから

私は、予防接種が済む前はだっこして外を歩くようにしました。
犬はとても賢い動物ですので、しつけも早い方が良いようです。
我が家にはもうすぐ5歳になる愛犬と4歳になる愛犬がいますが、我が家に来た日に、スリッパをいたずらしないこと、
テーブルの上の物は触らないことを教えましたが、一度教えただけですっかり覚えてくれたのにはびっくりしました。
片方は3カ月、後から来た方は2カ月の時でした。
こんな小さなうちから、覚えることができるのですから、しつけも早い方が良いようです。

しかし二匹の同じ犬種の雌を飼ってみて感じていることは、
犬は一匹一匹性格が違い、同じようなしつけではうまくいかないと言う事でした。
どちらが良いとは言い切れないような、異なった性格の持ち主の愛犬を前に、
しつけの方法も同じというわけにはいきませんでした。
片方が上手くいっても片方はその方法ではダメと言う事がとても多いことにも気が付きました。
我が家の犬は片方はとても社交的だが、臆病で神経質な性格の持ち主です。

もう一方はあまり社交的ではありませんが、踏まれそうなところでも平気で寝ている図太さがあります。
そんな愛犬二匹と生活を共にし、しつけてきましたが、しつけにとって一番大切なのは犬との関係だと犬から教わりました。
犬との信頼関係を持つことができれば、ほとんどのしつけはうまくいくようです。
愛犬の健康に気を付け、社会に迷惑をかけないようにしつけするのが、飼い主の義務だと思っています。

・子犬のしつけ②

拾い食い防止

犬を散歩させている時、拾い食いをしてしまったというのはよくあるパターンです。
もちろんこれは、しつけを通じてやめさせなければならない行為です。
最近では落ちている食べ物の中に釣り針などの異物が混ざっていたりして、
犬の体の中を傷つけてしまうケースがよく起こっています。拾い食いを防ぐために大事となるのが、
犬が落ちているものを口に入れようとする直前に声をかけ、注意を促すことです。
よく犬が口に入てれから、そのものを取り上げて、食べてはいけないと注意する方を見かけます。
しかしそれは実を言うとあまり効果はあまり期待できません。
未然に防ぎ何も知らないものを口に入れることが、悪いことだと認識させるのが大切なのです。

しつけの順番は、散歩中に飼い主が前もってわざと食べ物を落としておくことです。
そして落としたもののそばを歩きます。犬がそれに興味を示し、食べそうになった時には「いけない」と注意してください。
まずは飼い主の「ダメ」という合図を犬にわかってもらうようにするしつけが必要なのです。
たとえ小さな興味を示した時も見逃すことなく、注意を促してください。
最終的には落ちているものに全く興味を示さなくなれば合格です。
しつけを繰り返すことで、犬は自然と拾い食いをすることをやめていきます。犬はいろいろな匂いを嗅ぐのが大好きです。
そのため根気のいることではありますが、犬の将来を考えると、大切なこと。粘り強く行ってください。

無駄吠えをなくす

飼い主に対する散歩をしたい、食事がほしい、愛情を感じたいときや運動不足のストレスなど、
犬が無駄吠えをする理由は様々です。しかし全てに共通して言えることは「自らの感情を表している」ということです。
まず無駄吠えをしたときには、その理由を突き止めるところから始めて下さい。
どんなことにもキチンと理由=原因があるのです。赤ちゃんですら無意味に泣いたりはしないのです。
赤ちゃんはお腹が空いた、おむつが濡れた、あせもが痒い、蚊に刺されて痛いなどなど理由は沢山あります。
無駄吠え対策は、その理由によって変わります。むやみやたらに無駄吠えを止めるのではなく、
その原因をつきとめ、それに対応したしつけをすることが、無駄吠えを少なくする近道になります。

また、無駄吠えの対象を理解することも大切です。例えば、人間や物、動物に吠えるケースが多い時が考えられます。
原因は、強い警戒心や過度のストレスです。夜や早朝など無駄吠えが多い時間帯には、
家の中に入れてあげるなどの対策を考えましょう。
ここでひとつ、わかっておいてほしいことがあります。それは無駄吠えは、完全になくなるものではないということです。
しかし、しつけを通じて「少なくさせること」はできます。必要以上に無駄吠えをした犬に対しては、
低い声で「ダメ」と伝えることが重要なポイントとなってきます。
大声で怒ったりすると、犬は逆に「飼い主が自分の声に反応してくれた」と勘違いしたり、
褒められたと思い込んだりしてしまいます。また、無駄吠えをした犬の名前を呼ぶこともよくないです。
名前を呼ばれた犬は、ますます喜んだり、驚いたりとますます興奮する恐れがあります。
時には無駄吠えをした犬に対して、何も反応しないことも効果があります。これも、大切なしつけのひとつなのです。