犬とゴミ箱をあさる理由

ゴミ箱を漁る理由

犬は室内で飼っていると、ゴミ箱を漁ることがよくあります。
これはどのような種類の犬でもゴミ箱を漁ります。
生ゴミや燃えるゴミや燃えないゴミに関わらず、ゴミ箱があれば漁りますが、良くない行動です。
特に生ゴミは臭いを発生するので、その臭いに釣られて漁ります。

犬は狩猟本能があるので、昔から動物のいる巣穴などの中に首を突っ込んで獲物を探します。
その本能が今も残っており、ゴミ箱特に生ゴミは動物と似た匂いを発します。
そのためにゴミ箱の中に食べ物や獲物がいないかと漁るようになるのです。

しかしゴミ箱を漁れば、燃えないゴミだと紙やプラスチックなどを飲み込む危険もあり、生ゴミだと腐っていることもありお腹を壊すかもしれません。
もしも飼っている犬がゴミ箱を漁っているなら、止めさせるようにしましょう。

ゴミ箱漁り対策

一番効果的な対策としては、ゴミ箱の周りに柵を付けて近づけないようにしたり、背の高いゴミ箱にして入れないようにすることです。
子犬だとこのような対策でゴミ箱を漁らないようになりますが、大人の犬となるとこれでは対策できないかもしれません。
また柵などを付ければゴミを捨てるにも、不便になるでしょう。

ゴミ箱を漁っているときを見つけたら、すぐに叱りましょう。
それもダメでしょ!などと中途半端に叱るのではなく、びっくりさせるように瞬間的にコラ!などといって叱りましょう。
中途半端に叱ると、犬が褒められていると勘違いします。

さらに叱っているときに犬にダメだとわからせるには、叱る言葉と同時に物を投げつけると良いです。
もちろん犬に物を当てるのは良くないので、犬に当たらないようなところに物を投げつけてみましょう。
これによって犬は叱られているとわかり、飼い主が真剣に怒っていると理解し、ゴミを漁ると叱られると認識し、ゴミ漁りをしなくなります。
叱るときの言葉は短い方が良く、長めにすればするほど、犬は褒められていると勘違いしやすくなります。

しかしゴミ箱を犬が漁るような時は、漁ることを止めさせる前に、まずは家の環境を考えましょう。
ゴミ箱を漁りやすい環境を作っていることが多いです。
生ゴミはそのまま何日も放置している、燃えるゴミでも燃えないゴミでも、ゴミ箱に何日も入って捨てていない、などの環境は犬が漁りやすくなります。

まずは犬がゴミ箱を漁らないように、ゴミは出来るだけすぐに捨てるようにしましょう。
また生ゴミならまとめて袋などに入れて口を閉めておけば、匂いも発生せずに、犬が漁りにくくなります。
また犬は柑橘類や酢の匂いが嫌いなので、ゴミ箱の近くにふりかけたり、近くに入れ物の瓶を置いておいたりしても、犬をその場所から遠ざける効果が期待できます。