犬が赤ちゃんに嫉妬する?

突然の参入者

夫婦で犬を飼っていると、妻の出産によって赤ん坊が誕生し、家族が一人増えることもあります。
家庭がより賑やかにはなりますが、飼っている犬の性格によっては、赤ん坊を警戒する場合もあります。
突然犬の知らない人間が家に参入しますので、犬にとっては見知らぬ人物となり、警戒し大人しい犬でも吠えたりすることがあります。

犬によっては赤ん坊に嫉妬することもあります。
赤ん坊が生まれれば、家族の注目は赤ん坊へと移り、この時期は犬はあまりかまってもらえなくなります。
家族の愛情が赤ん坊へ向くこととなり、犬がそれを独占できなくなります。
そして嫉妬する犬もおり、急に態度を悪くすることもあります。

これは赤ん坊だけでなく、家庭で新たに猫や子犬を飼ったりしても、同じように警戒したり、嫉妬して態度を悪くしたりする犬がいます。
犬がこれらの気持ちを抱くのは、元々群れの中で生活をしてきたためにあります。
家庭では飼い主がリーダーなので、そのリーダーが赤ん坊にかまっていると、その赤ん坊よりも上の立場のはずの犬自身の順位がわからなくなります。
そこでその順位をはっきりさせるために、赤ん坊に吠えたり時には攻撃したりして、順位をはっきりさせようとするのです。

嫉妬した場合の対処方法

生まれたばかり赤ん坊でも、犬は嫉妬して時には攻撃したり噛みつくこともあります。
免疫力の弱い赤ん坊が噛まれれば大変なので、危険な場合は犬と赤ん坊を別々の部屋にすると良いでしょう。
そして犬に赤ん坊を見せないようにしましょう。

もちろんこの先もずっと別々の部屋にいさせるわけにはいかないので、赤ん坊が立てるようになったら一緒にすると良いです。
赤ん坊が立てるようになれば、犬よりも目線が高くなりますので、主従関係も結びやすくなります。
ただし一概にこの時期が良いとは断定できないので、犬の様子を見ながら慣れさせていきましょう。

先に記載したとおり、犬が嫉妬するのは赤ん坊ばかりではありません。
飼い主が自分以外の物や人に注目すると嫉妬する犬もいます。
それはおもちゃであったり、ゲームであったり、テレビの出演者であったり、または一人で飼っているような場合でも恋人が来ると嫉妬することもあります。

あまりにも問題行動が激しいと、その場で叱ってダメだということをわからせる必要があります。
しかし嫉妬すると今まで食べてい餌を食べない、おやつも食べない、ところ構わず排泄をするなどのことをする犬もいます。
あまりにも嫉妬する様子が酷いならば、対象人物などを犬に近づけないようにした方が良いでしょう。
また犬によっては縄張りを意識しているので、そこを荒らされると攻撃したりすることもあります。