犬が穴掘りをする理由

犬の穴掘り

犬を屋外で飼っているような家庭なら、犬が庭などを穴掘りする光景はよく目にするでしょう。
与えた餌を穴を掘って埋めたりすることもよくあり、庭が穴だらけになるようなこともあります。

犬が穴を掘るのは野生の頃からの習慣であり、野生の頃は食べ物は不定期にしか得られませんでした。
そのために捕まえた獲物を後でも食べられように、穴を掘ってそこに隠すようになったのです。
人が金庫に大切な物を保管するような感じです。

しかし現在の犬は穴に保管するのは餌ばかりではありません。
おもちゃやまたは飼い主の靴なども穴に入れてしまう場合があり、自分が大切だと思うと穴に埋めるようになります。
また犬の穴掘りは何かをそこにしまう場合のみならず、退屈しのぎでやることもあります。
穴を掘ってみたけど、そのままにしているような場合は、退屈しのぎのことが多いです。
時には興奮して穴を掘ることもあります。

犬の種類によっても沢山穴を掘るような犬や、逆にあまり掘らない犬がおり、これは野生本能が強いかどうかで決まります。
種類としては特にテリア系が穴を良く掘り、スコティッシュテリアなどは土の中にいる小動物を追いかける、狩猟犬として使われてきたので、穴を掘る習性が強いのです。

穴掘りを止めさせるには

犬は室内で飼っている場合でも、絨毯やカーペットを引っ掻いて掘るような動作をすることがあります。
時には家具などをガリガリと引っ掻くこともあり、このような場合は穴掘りは止めさせた方がいいでしょう。
とは言っても本能に組み込まれているので、叱っても簡単には止めません。

対策としては家具にシートなどを巻いて保護する、カーペットなどは傷ついても良いものにする、外で買うなら土の無い場所で飼うという方法があります。
このようにすれば穴掘り対策としては完了しますが、何故穴を掘るのかを考えてみましょう。

犬は餌を隠そうとする以外にも、ストレスによって気持ちを落ち着かせるために穴掘りをすると言うことがあり、これをカーミングシグナルと言います。
もしかしたら穴掘りをするのはストレスのせいかもしれません。

散歩などが少なく運動不足になっている、狭い空間で飼っている、犬を一人にして孤独にする時間が長いなどによって犬はストレスを感じます。
もしかしたら、その穴掘りの行為は飼い主に何かを伝えようとするメッセージかもしれず、何も隠さないのに穴掘りをするなら、原因を考えてみましょう。

そして頻繁に穴を掘るようなであれば、犬の飼い方が正しいかを一度考えるべきであり、運動は十分なのか、ストレスを与えていないかなどを考えましょう。
そのようなことを改善すると穴掘り自体をあまりしなくなるかもしれません。