突然餌を食べなくなる理由

急に餌を食べなくなる犬

毎日同じ餌を与えていたのに、今日に限って急に餌を食べなくなるような犬がいます。
このような事があれば、一番最初に考えられる原因は体調の変化です。
様子を見てもし体調が悪そうだったら、無理して食べさせずに、安静にしたり病院に連れて行きましょう。
感染症や内臓疾患によって食欲が低下し、餌を食べないこともあるので、早めに病院で診察させた方が良いです。
成犬でも病気や体調不良で餌を食べないことがありますが、子犬は元々食欲が旺盛なので、子犬で餌を食べないときは、病気などの可能性があります。

しかし犬の様子を見ても体調は悪そうではないとなると、餌を食べなくなった理由を一つずつ考えなくてはいけません。
次に考えられる理由として、ここ数日でいつもと違う餌を与えた、お肉やケーキなど豪華な餌を与えたということがあります。

犬にとっても豪華な餌は嬉しいことですが、何故急にこんな餌が出てきたのか、人間の都合で余ったから出した場合などでも、それを犬は知るはずがありません。
そうなると犬は通常の餌を我慢すれば、また豪華な餌が出てくるかなと思い、一時的に出された餌を食べなくなります。
この場合は、出した通常の餌を一度取り上げましょう。
そうすると出された餌が取り上げられたことにショックを受け、次から出された通常の餌を食べます。

その他の原因

犬が餌を急に食べなくなる理由は他にもあり、それも考えてみないといけません。

・拾い食いをした
散歩の途中に落ちている物を拾い食いしたり、家の中の小物を間違って誤飲したりすることもあります。
飲み込んだ物によっては体に良くないので、すぐに吐き出させるまたは病院に連れて行きましょう。

・ドッグフードの変化
今まで食べていたドッグフードと違う物を出したり、普段のドッグフードでも、保管場所が悪くて傷んだりしていると、犬はその変化に気づき食べません。
犬は嗅覚が発達して敏感なので、餌の臭いの変化にはすぐに気づきます。

・ストレス
動物病院やドッグホテルなど、普段と違う場所に長時間置かれると、犬はストレスを感じます。
このような場所でストレスを感じると、それによって餌を食べないことがあります。
最初は短い時間だけ連れて行くなど、ストレスを感じないように徐々に慣れさせた方が良いです。

・老化
犬も人と同じように歳を取ると食欲が無くなります。
通常のドッグフードだと内臓に負担がかかりますので、もしも食欲がないなら、高齢犬用のドッグフードに変えてあげると良いです。
またどのような餌がよいのか分からない場合は、一度病院で相談すると良いです。

その他にも犬は人と同じように季節の変わり目で食欲がない、胃もたれを起こしているなどの場合もあり、餌を食べない理由は色々と考えられるのです。