親犬と子犬の噛み具合について

親の犬が噛む行動

親の犬は子犬が生まれると、子犬を噛んだりして子犬を移動させたり、子犬とじゃれたりする光景が見られます。
これは普通のことであり、犬は人間と違い手を器用に使うことが出来ませんので、変わりに犬は口を使って手のようにして使います。

しかし親犬は噛む行為をこのような事に使うばかりでなく、本気に近いような形で子犬を噛むことも行います。
これは飼い主から見れば、子犬をかみ殺そうとするぐらいに危険に見えるかもしれませんが、実はこれは親犬が子犬に噛むことを教えている社会勉強の一つなのです。

噛む行為は犬にとってはとても大切なことです。
食事をするときはもちろんのこと、じゃれあったり、犬同士の争いや、狩りなどの時でも噛むという行為は重要になります。
そして噛む力によって、じゃれたり狩りをしたりと使い分けなければいけません。
このような噛むことを、親犬は子犬が小さい頃から教えているのです。

このために、このような光景を飼い主が見たとしても、無理矢理止めさせるようなことはせずに、親犬に好きにさせるようにしてあげましょう。

過剰に噛みすぎる犬

親犬の子犬への教育の一環として、子供の頃から噛んで噛む力を教えるということは、どの犬でも行われる行為です。
これ自体は問題ありませんので、飼い主は特に心配する必要はありません。

しかし、最近では室内犬など犬社会から隔離して育てられた犬もおり、犬社会へ適応していない犬もいます。
このような犬が子育てをするときは、注意が必要であり、飼い主は注意深く親犬を見ないといけません。

噛むことを教えている場合に、子犬が傷つかない程度に、ある程度力を抑えて親犬が噛んでいる場合は良いですが、子犬が痛がっていたり、悲鳴のように吠えていたりする場合は危険です。
中には子犬を傷つけてしまうような親犬もいます。
酷いと耳の形が変わってしまうような場合もあり、獣医の元へ訪れる子犬もいます。

これは親犬自体が噛むことの訓練をされておらず、飼い主との生活でも噛む力の訓練をしていないことにより引き起こされることがあります。
またストレスによって子犬を傷つけてしまうような場合や、親犬でも育児放棄をしてしまうこともあり、このような時も子犬は傷つけられます。

もしも子犬が酷く怪我をしてしまうような状態になっているなら、一度親犬から子犬を離す、獣医の元へ連れて行って症状を見せてあげる、さらにはペットトレーナーなど今後の方針を相談するなどのことをした方がいいでしょう。
また子育て中の親犬に、飼い主があまりにもかまいすぎると、それが逆にストレスとなり、子犬にぶつけて発散するということもあり、飼い主が原因で子犬が怪我させられることもあります。