1. >
  2. >
  3. ボルゾイってどんな犬?

ボルゾイってどんな犬?

オオカミ猟のための狩猟犬として飼われたボルゾイ

ボルゾイは、オオカミを狩るための狩猟犬として飼われてきたという歴史があります。
また、獰猛な動物から家畜や人間たちを守る番犬としての役目も果たしてきたという過去があり、とても勇敢で能力の高い犬として高く評価されてきました。
オオカミ猟は貴族の娯楽の一部でもありましたので、庶民が飼いならすよりも、上流階級の人たちが大事に育ててきたケースが多く、ボルゾイ独特の気品の高さもそのようなところから来ている可能性もあります。

ボルゾイは見た目にも品があってとても特徴的ですが、性格も温厚で人に慣れやすいという面がありますので、ペットとして飼うのにも適しています。
日本ではペットとして飼っている人は多くありませんが、ある程度犬の飼育経験があればとても飼いやすくて親しみやすい犬ですので、ボルゾイをペットとして考えることもできるでしょう。

気品のある顔が特徴的なボルゾイ

ボルゾイの特徴は、顔が長くてとてもスタイリッシュなところでしょう。
また、脚が長くてカモシカのようなしなやかな体をしていること、美しくて長めの毛も特徴となっています。

性格はとても穏やかで飼い主に忠実かつ従順という気質を持っています。
オオカミに立ち向かい猟をしてきたという歴史があるように、勇敢で精神力が強いというのもボルゾイの良いところでしょう。
飼い主の命令をよく聞き分けますので、しつけをするととても行儀がよくて他の人にも迷惑をかけないというメリットがあります。

狩猟犬として育ってきていますが、人にはとても甘えるという特性があって、飼い主としても愛情を持ちやすい犬と言えるでしょう。
また、無駄吠えをすることがほとんどありませんので、近所にも迷惑をかけることなく飼えるというメリットがあって、日本のシビアな住宅事情の中でもさほど問題にならずに飼えるでしょう。

ボルゾイを飼う際の注意点とは?

このように、ボルゾイはとても飼い主が愛情を持ちやすく、ペットとして優れている犬だと言えます。
しかし、能力の高さの割には繊細なところがあり、いつもいたずらをするような子どもがいるところだと強いストレスを感じてしまうことがあります。
そのため、どんな家庭でも飼えるというわけではなく、飼い主がしっかりと面倒を見てあげられて、ある程度犬の飼育に関する知識を持っていることが条件となります。
また、動物を狩るという本能が強いので、ネコや他の動物がいると、ついおいかけて小突いてしまうという特性も持っています。
そのため、他の動物と一緒にボルゾイを飼うのは避けた方が良いでしょう。
散歩の際には何らかの動物が道に出てくると、急に走り出して追いかけることもありますので、注意が必要です。