1. >
  2. >
  3. ゴールデンレトリーバーってどんな犬?

ゴールデンレトリーバーってどんな犬?

とても優しくて社交的な性格のゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリーバーは、世界中で人気の高いペットの一つです。
かわいい見た目というのもありますが、なによりその性格の良さが人気の秘密と言えるでしょう。

とても温厚で優しく、人や他の動物を攻撃することはまずありません。
また、社交性にとても優れていて、初めて会う人にもすぐになついて、むしろ飼い主よりも初めて見る人に興味を示してすぐに一緒に遊ぼうとすることも多いくらいです。
他の動物ともうまくやっていけるので、同じ家の中で猫などの動物を飼っていても全く問題はなく、とても仲良く過ごしてくれるでしょう。

そして、ゴールデンレトリーバーは賢くて飼い主の指示に忠実であるだけでなく、自分で判断する能力が高い犬でもあります。
レトリーバーという英語は、持ってくるという意味がありますが、事実新聞などの物を飼い主のところに持ってくるという非常に優れた能力を持っています。
飼い主がよく使うものを何も教えなくても自ら持ってくる個体もいるほどで、こうした訓練を積めばかなり芸達者な犬になるでしょう。

広めのスペースを取ってあげることがゴールデンレトリーバーには重要

ゴールデンレトリーバーは体重も体高も大きくなる傾向が強く、大型犬の象徴とも言えます。
また、運動量が多く、しっかりと運動をさせないとストレスを溜めて神経質になってしまうこともあります。
こうしたことから、ゴールデンレトリーバーを飼うにあたっては、十分な広さのスペースを用意してあげることが大事です。

散歩をさせる時にも、長めの時間を取ってあげて満足するまで散歩をさせてあげることが大切です。
それでも思う存分走らせてあげる必要がありますので、たまにドッグランなどに連れて行ってあげて、運動を心ゆくまでさせてあげるようにしましょう。
力も強いので、高齢者や子どもが散歩に行くときには注意が必要です。

毛の手入れをしっかりして清潔を保つようにする

ゴールデンレトリーバーは健康的な犬で、それほど遺伝的になりやすい病気というのはありません。
体が丈夫だということもありますが、大事にケアしてあげれば長寿を見込めますので、大事に育ててあげましょう。

体毛が長いことや外で飼われることが多いということもあり、定期的にシャンプーをする習慣を持つことやブラッシングを丁寧にすることが大事です。
こうしたケアを頻繁にしてあげないと、体臭がきつくなるだけでなく、感染症や皮膚病になりやすくなりますので、飼い主の細かなケアが求められます。
大型犬の分、こうしたお世話も大変なこともありますが、愛犬といつまでも楽しく過ごせるようにするために、日頃から大事にしてあげるようにしましょう。