1. >
  2. >
  3. パピヨンってどんな犬?

パピヨンってどんな犬?

非常に賢い犬という評価を持つパピヨン

パピヨンは、その見た目のかわいらしさから世界中で多くの人に可愛がられている、ペットの代表のような犬です。
そのかわいらしさと同居するのが、知能の高さです。

犬の知能指数を計ってみると、小型犬の中ではパピヨンはナンバーワンの知能を持っていることが明らかになっていて、すべての犬種の中でも8位になるという結果が出ています。
確かにとても賢い犬で、教えられたことはすぐに理解しますし、状況を判断して行動する能力にも長けています。
そのため、しつけをするのが簡単で飼い主の言うことをすぐに聞いてくれるので、とても飼って楽しい犬だと言えるでしょう。

上手に教えることでたくさんの芸を覚えることもできますし、子どもの遊び相手としても最高です。
こうした魅力があるため、日本においても人気が高く、多くのペットショップで入手することができます。

パピヨンの特徴とは?

パピヨンは小型犬のカテゴリーに属しますが、個体によってその大きさや体重に差が出ることもあります。
体重は2キロから6キログラム近くにもなることがありますし、体高も20センチから30センチ近くになることもあります。
どのくらいの大きさの犬が良いかは飼い主によって異なりますので、子犬を買う時には親犬がどのくらいの大きさだったかをきちんと確かめるようにしましょう。

パピヨンの大きな特徴としては、シルクのように滑らかで長い毛が挙げられます。
大きな三角の立ち耳にも長い毛が生えていて、パピヨンらしさを際立たせています。
この長い毛がパピヨンの売りでもありますので、毎日しっかりとブラッシングをしてあげて、その美しさを保てるようにしてあげましょう。

パピヨンは賢いために、常に行儀よくしようとする傾向が見られます。
飼いやすい犬と呼ばれる理由でもありますが、環境の変化についていこうと無理をする性格でもありますので、ストレスが溜まると病気をしてしまうこともあります。
また、とても温厚で飼い主に忠実かつ従順という性格も持っています。

健康で活発に動くのがうれしい

パピヨンは一見すると華奢な体つきにも見えますが、その実とても丈夫な体で健康的なのです。
そのため、あまり病気をすることもなくとても元気に遊びまわってくれます。
運動量も多いので、たまにゆっくりと歩く散歩だけではなく、ドッグランなどに連れていくととても喜んでくれるでしょう。
丈夫な体ではありますが、脚は細めの傾向がありますので、高いところから降りる際の注意をすることと、年を取ったらシニア犬用のドッグフードに替えてあげることを忘れないようにしましょう。
また、筋肉を維持することも大事ですので、年を取ってもある程度散歩に時間をかけるようにしてあげると良いでしょう。