1. >
  2. >
  3. パグってどんな犬?

パグってどんな犬?

ユーモラスで愛嬌のある顔が大人気のパグ

パグは体高が20センチ程度の小型犬で、丸々とした体や短い脚がなんとなくユーモラスな雰囲気を醸し出していて、見る人を和やかな気持ちにさせてくれます。
また、なんと言ってもパグの特徴である愛嬌のある顔が世界中で愛されている理由だと言えるでしょう。

フレンチブルドッグに近い顔つきをしていて、鼻がつぶれていて大きなしわが寄っています。
鼻の周辺だけが黒毛で覆われていることが多いので、余計にその見た目が強調されてブサカワいさが引き立っています。

体は小さいものの、力は強く体は筋肉で覆われています。
しかし、食べ過ぎるとすぐに肥満体型になってしまう傾向がありますので、糖尿病などの生活習慣病を防ぐためにも、食事の内容や量にはしっかりと気をつけるようにしましょう。

パグはペット向きの穏やかな性格の持ち主

なんとなくいかつい顔をしているパグですが、実はとても温厚で穏やかな性格の持ち主です。
のんびり屋という表現が当てはまるくらい、いろいろなことに穏やかな性格が現れます。
そのため、高齢者が癒しのために飼うのにも適していますし、子どもと一緒に過ごすのも良いでしょう。

飼い主に忠実な面もあり、しっかりとしつけを行うと、かなり行儀のよい犬に育ちます。
パグのルーツは中国ではないかと考えられていますが、元々宮廷で可愛がられていた犬として描写されています。
こうした歴史がありますので、人間に大事にされることに慣れていて、人ととても深い関係を作ることができます。

ペットとしてとても優れた性質をもっている犬ですので、初めて犬を飼いたいと考える人にも適している犬種だと言えるでしょう。
しつけには時間がかかることもありますが、一度覚えたことは忠実に行っていきますので、上手に訓練を施していくことがカギとなります。

手入れも比較的簡単なパグ

パグは短毛種ですので、トリミングの必要はありませんし、抜け毛があったとしても掃除しやすいというメリットがあります。
定期的にブラッシングをしてあげることで、短いながらもツヤのあるきれいな毛を保つことができますし、なによりブラッシングを通して愛犬とのスキンシップを図ることができます。

また、パグは顔や足にしわがありますが、放置しておくとそこに汚れが溜まってしまいます。
清潔に保って病気から愛犬を守るためにも、頻繁にしわの部分を拭いてあげると良いでしょう。
短毛種なので毛に汚れが溜まることはありませんが、皮膚病になる可能性があるので、シャンプーやブラッシングなどの手入れは飼い主が折を見て定期的に行ってあげる必要があります。
愛犬がいつまでも健康でいられるように、飼い主が常に見守ってあげて、必要なケアを怠ることがないようにしましょう。