1. >
  2. >
  3. ポメラニアンってどんな犬?

ポメラニアンってどんな犬?

女王のおかげで世界中の人気に火が付いたポメラニアン

ポメラニアンは、ドイツのポメラニア地方で生まれたことからその名前が付けられた犬です。
ポメラニアンの歴史はとても華やかなもので、貴族階級の人々に愛されて育ってきました。
庶民が番犬や仕事用のために飼っていた犬というよりは、上流階級の人たちが愛玩用として常に大事にしてきた犬なのです。

その人気はイギリスのヴィクトリア女王に届き、死ぬまでずっとポメラニアンを愛し続けていたと言われています。
時の展覧会に自分が大事に育てたポメラニアンを出展までして、そのおかげで世界中の人が注目することになり、一気に世界における知名度と人気が高まることになりました。
そして、その後も品種改良が続けられ、よりポメラニアンとしての魅力が高まることになり、現在でも日本を始めとする世界中の国々でたくさん飼われています。

その特徴の大きなものとしては、毛の生え方にあります。
ゴージャスなイメージを与える毛吹きがとても特徴的で、この毛の感じがポメラニアンの気品や美しさを演出しています。
毛の色は最初白やグレーなどの無彩色が多かったようですが、現在では茶色などの色も多く見られていて、色のバリエーションは豊富です。
体重は2キログラム前後で、体高は20センチ程度というのが標準的で、小型犬に属しますが、中型犬に近い大きめの個体もいます。
毛のフサフサ感が魅力的な犬でもありますので、長めの毛足を持つ犬が好まれる傾向にあります。

とても活発で運動が大好きなポメラニアン

ポメラニアンは高級貴族の間で飼われていたという歴史を持っていますが、もともとは仕事をこなす動物として誕生しています。
そのため、とても動くのが好きで活発なのが特徴となっています。
室内で飼う場合には、広めにスペースを取ってあげて、十分運動を行えるようにすること、毎日散歩に連れて行ってあげて、ストレスが溜まらないようにすることが大事です。

飼い主にはとても従順で聞き分けが良いので、初めて犬を飼う人でも比較的楽に飼えるというメリットがあります。
もちろん、これにはしっかりとしつけをすることという条件が付きます。
番犬として飼われることがあるくらい、ポメラニアンは見知らぬ人に警戒感を強く持つ犬ですので、上手に教えてあげないと吠え声で近所迷惑をかけてしまうこともあります。

細かな配慮が必要な犬でもある

ポメラニアンは長い毛足が特徴ですが、毎日ブラッシングをして、定期的にトリミングをしてあげることが求められます。
また、華奢な脚の持ち主ですので、関節炎になったり高いところから飛び降りた衝撃で骨を折ってしまったりするリスクがあります。
注意して遊ばせるなどの、細かな配慮をしましょう。