ダックスフンドってどんな犬?

特徴的な体付きを活かした猟を行っていたダックスフンド

ダックスフンドと言えば、ほとんどの人が胴長短足というイメージを持っていることでしょう。
このユーモラスな体型は見た目の可愛さを押し出しているだけでなく、狩猟にも有利だとして狩猟犬として活躍してきた歴史があります。
細くて長い体、短い脚は、小動物が巣穴に逃げ込んだ時に、その穴に入り込んで獲物を追い出すのに大変役立ちました。

そのため、ヨーロッパではダックスフンドは狩猟犬として活躍してきて、かなり大事にされて育ってきました。
今ではペット用の犬としての人気が高いものの、やはり狩猟犬としての資質を残していて、飼い主に忠実で飼い主を守ろうとする気持ちが強いという特徴を持っています。

愛らしい見た目が多くの人に愛される理由となっている

ダックスフンドの身体的な特徴は、なんといっても胴長短足という体型ですが、それに加えて長くて垂れさがった耳もかわいらしさを増してします。
また、体毛は短めですがとても滑らかですべすべしています。
スキンシップを取りやすい犬でもありますので、飼い主を癒してくれるペットとして、とても優れていると言えるでしょう。

性格は穏やかで飼い主の言うことをよく聞くという、とても飼いやすいものです。
見知らぬ人にもそれほど強い警戒感を持つことはありませんが、育てられ方によっては見知らぬ人に吠えたり、まったく関心を示さずにいるということもあります。
社交性を持たせるためにも、幼いころにできるだけ多くの人や他の犬に接する時間を取ってあげるようにしましょう。

短毛であまり抜けないという特徴を持った毛ですので、室内で飼いやすいというメリットがあります。
また、きちんとしつけをすれば無駄吠えをすることもありませんし、活動的ではあるものの、いたずら好きというわけでもないので、マンションなどの集合住宅で飼っても問題になるようなことは少ないでしょう。

人に慣れるのが早いので初めてのペットにすることもできる

ダックスフンドは狩猟犬として飼われた過去がありますが、気性が荒かったり攻撃的になったりすることはないので、安心して飼えます。
また、人のことが好きですぐに人に慣れるという特質を持っていますので、初めてペットとして犬を飼うという人でも、すぐに犬と打ち解けて良い関係を築けるようになるでしょう。

子どもがいる家庭であっても、攻撃的になることはないですし、しつけをきちんとすれば力の加減を良く理解しますし穏やかな性格をしていますので、安心して飼えるのがうれしいところでしょう。
とてもユニークな格好をしているダックスフンドですが、性格は非常に温厚でペットに向いているのが魅力と言えます。