1. >
  2. >
  3. チワワってどんな犬?

チワワってどんな犬?

世界中で人気の高い小型犬の代表 チワワ

チワワは、体高が20センチ程度、体重が2キログラムから3キログラム程度の小型犬で、世界中で人気のある犬種です。
独特のとがった三角の立ち耳、大きくてまん丸の目、華奢な脚などが可愛さを際立たせていて、室内用の愛玩犬として多くの人に愛されています。
毛は短毛と長毛の2タイプがありますが、抜け毛が少ないため室内で飼っても掃除が大変になることはなく、とても飼いやすいというのも人気の秘密でしょう。

また、性格は飼い主にとてもべったりと甘えるところがあり、一緒に遊んでほしいという態度を明確に示します。
わがままなところもあるものの、しっかりと幼いころからしつければ、飼い主の言うことに忠実ですぐに命令を理解するという賢さも持っています。
こうしたことから、初めて犬を飼う人にも飼いやすい犬種で、日本でも多くのペットショップで売られています。

環境の変化についていくのが難しいこともあるので注意が必要

とても飼いやすいのがメリットのチワワですが、寒さにとても弱いというデメリットもあります。
チワワはもともとメキシコの高温乾燥地帯であるチワワ州で生まれたとされています。
そのため、暑さを好んで寒さにとても弱いという特質はどこに住んでいても変わることがありません。

日本の冬はチワワにとってはかなり低温で、しっかりと防寒対策をしてあげないとすぐに体調を壊してしまったり、下手をすると凍死してしまう危険性もあります。
冬に家で留守番をさせる時には、安全なペット用のヒーターをつけてあげたり、温かい布団などを敷いてあげることがとても重要です。
さらに、少し厚めの服を着せてあげて、体温を保てるようにしてあげましょう。

また、神経質で縄張り意識が強いという特徴も持っていますので、見知らぬ人に接すると大きな声で吠えたり、噛みついたりすることもあります。
幼い時からいろいろな人に接するようにすれば、こうした性格もなくなりますので、できるだけ早くからいろいろな人に触れる機会を作るようにしましょう。

とはいえ、個体によってはどうしても見知らぬ人や犬に警戒心を持ってしまうケースもあります。
叱ってもなかなかその癖は抜けないものですので、ストレスを与えないような仕方で教え続けるとともに、ストレスを感じさせるような環境の変化を与えないようにすることも大事です。

狩猟犬としての本能を持っているチワワ

チワワは、狩猟犬として用いられてきたという歴史もあります。
そのため、飼い主を守ること、自分のテリトリーを意識することに関しては、他の犬よりも敏感なところがあります。
飼い主にとってはとても愛情が湧くポイントですので、人見知りしやすいという特性もありますが、前向きにとらえて可愛がっていきましょう。