カテゴリ: 犬の種類

秋田犬ってどんな犬?

世界的にも人気の高い日本の犬 秋田犬

秋田犬は、正式には「あきたけん」ではなくて「あきたいぬ」と呼びます。
この秋田犬は、日本生まれの犬として指定されていますが、日本犬の中でも最も世界的に有名な種類の一つです。

その理由はやはり秋田犬をメインとした映画が世界的に広がったことにあるでしょう。
日本犬特有の忠実さや忍耐力、飼い主へのひたむきな忠誠心が映画の中で描かれていますが、その特性が強く実際に出ているのが秋田犬の特徴です。
とても飼い主に忠実で、命令にもよく聞き従う飼いやすい犬となっています。

というのも、もともとは秋田犬はマタギ犬として飼われていたことが起源となっているからです。
マタギとは東北地方の猟師のことで、厳しい山の環境の中でクマなどの獰猛な動物に立ち向かって猟を行わなければなりませんので、精神力が強くなければなりません。
また、猟師が厳しい訓練を与えてきましたので、主人にあくまでも忠実で忍耐強いという特性もこの歴史から身に着いてきたのです。

マイペースなところもあるので上手にしつけることが大事

忠実なマタギ犬として育ってきた秋田犬ですが、それはすなわちすぐに誰にでも従うということではありません。
命令によく聞き従う犬になるかどうかは、幼いころからのしつけの仕方にあります。

秋田犬は猟犬の血を引いていますので、友だちのような感覚でしつけを行うというよりは、しっかりと主従関係を作った上で、ある程度メリハリの効いた教え方をしなければならないのです。
してはいけないことを教える時は、強い口調ではっきりと教えてあげる必要があります。

秋田犬はマイペースで独立心が強いところもありますので、こうした教え方をしないと、自分の好きなことはするものの、したくないことは絶対にしないというガンコな犬になってしまうこともあります。

室内でも室外でも飼いやすい犬

秋田犬は過酷な環境でも猟のために外で過ごしてきたという過去を持っていますので、室内外を問わず飼うことができます。
飼い主には忠実ですが、見知らぬ人には警戒感を持つことが多いので番犬としても役立ちます。

無駄吠えをすることはあまりありませんので、密集した住宅地でも比較的飼いやすい犬と言えるでしょう。
ただ、しっかりと運動をさせてあげることが必要で、運動が足りないとストレスを強く感じるようになります。
そのため、室内で飼うのであれば、ある程度十分なスペースを作ってあげることが大事ですし、散歩の時間を十分に取って運動をしっかりとさせてあげることが欠かせません。

日本固有の犬として世界中で人気のある犬ですが、やはり日本人の好みに合う性格と見た目をしていますので、国内の多くのペットショップで入手することができます。

ダックスフンドってどんな犬?

特徴的な体付きを活かした猟を行っていたダックスフンド

ダックスフンドと言えば、ほとんどの人が胴長短足というイメージを持っていることでしょう。
このユーモラスな体型は見た目の可愛さを押し出しているだけでなく、狩猟にも有利だとして狩猟犬として活躍してきた歴史があります。
細くて長い体、短い脚は、小動物が巣穴に逃げ込んだ時に、その穴に入り込んで獲物を追い出すのに大変役立ちました。

そのため、ヨーロッパではダックスフンドは狩猟犬として活躍してきて、かなり大事にされて育ってきました。
今ではペット用の犬としての人気が高いものの、やはり狩猟犬としての資質を残していて、飼い主に忠実で飼い主を守ろうとする気持ちが強いという特徴を持っています。

愛らしい見た目が多くの人に愛される理由となっている

ダックスフンドの身体的な特徴は、なんといっても胴長短足という体型ですが、それに加えて長くて垂れさがった耳もかわいらしさを増してします。
また、体毛は短めですがとても滑らかですべすべしています。
スキンシップを取りやすい犬でもありますので、飼い主を癒してくれるペットとして、とても優れていると言えるでしょう。

性格は穏やかで飼い主の言うことをよく聞くという、とても飼いやすいものです。
見知らぬ人にもそれほど強い警戒感を持つことはありませんが、育てられ方によっては見知らぬ人に吠えたり、まったく関心を示さずにいるということもあります。
社交性を持たせるためにも、幼いころにできるだけ多くの人や他の犬に接する時間を取ってあげるようにしましょう。

短毛であまり抜けないという特徴を持った毛ですので、室内で飼いやすいというメリットがあります。
また、きちんとしつけをすれば無駄吠えをすることもありませんし、活動的ではあるものの、いたずら好きというわけでもないので、マンションなどの集合住宅で飼っても問題になるようなことは少ないでしょう。

人に慣れるのが早いので初めてのペットにすることもできる

ダックスフンドは狩猟犬として飼われた過去がありますが、気性が荒かったり攻撃的になったりすることはないので、安心して飼えます。
また、人のことが好きですぐに人に慣れるという特質を持っていますので、初めてペットとして犬を飼うという人でも、すぐに犬と打ち解けて良い関係を築けるようになるでしょう。

子どもがいる家庭であっても、攻撃的になることはないですし、しつけをきちんとすれば力の加減を良く理解しますし穏やかな性格をしていますので、安心して飼えるのがうれしいところでしょう。
とてもユニークな格好をしているダックスフンドですが、性格は非常に温厚でペットに向いているのが魅力と言えます。

パピヨンってどんな犬?

非常に賢い犬という評価を持つパピヨン

パピヨンは、その見た目のかわいらしさから世界中で多くの人に可愛がられている、ペットの代表のような犬です。
そのかわいらしさと同居するのが、知能の高さです。

犬の知能指数を計ってみると、小型犬の中ではパピヨンはナンバーワンの知能を持っていることが明らかになっていて、すべての犬種の中でも8位になるという結果が出ています。
確かにとても賢い犬で、教えられたことはすぐに理解しますし、状況を判断して行動する能力にも長けています。
そのため、しつけをするのが簡単で飼い主の言うことをすぐに聞いてくれるので、とても飼って楽しい犬だと言えるでしょう。

上手に教えることでたくさんの芸を覚えることもできますし、子どもの遊び相手としても最高です。
こうした魅力があるため、日本においても人気が高く、多くのペットショップで入手することができます。

パピヨンの特徴とは?

パピヨンは小型犬のカテゴリーに属しますが、個体によってその大きさや体重に差が出ることもあります。
体重は2キロから6キログラム近くにもなることがありますし、体高も20センチから30センチ近くになることもあります。
どのくらいの大きさの犬が良いかは飼い主によって異なりますので、子犬を買う時には親犬がどのくらいの大きさだったかをきちんと確かめるようにしましょう。

パピヨンの大きな特徴としては、シルクのように滑らかで長い毛が挙げられます。
大きな三角の立ち耳にも長い毛が生えていて、パピヨンらしさを際立たせています。
この長い毛がパピヨンの売りでもありますので、毎日しっかりとブラッシングをしてあげて、その美しさを保てるようにしてあげましょう。

パピヨンは賢いために、常に行儀よくしようとする傾向が見られます。
飼いやすい犬と呼ばれる理由でもありますが、環境の変化についていこうと無理をする性格でもありますので、ストレスが溜まると病気をしてしまうこともあります。
また、とても温厚で飼い主に忠実かつ従順という性格も持っています。

健康で活発に動くのがうれしい

パピヨンは一見すると華奢な体つきにも見えますが、その実とても丈夫な体で健康的なのです。
そのため、あまり病気をすることもなくとても元気に遊びまわってくれます。
運動量も多いので、たまにゆっくりと歩く散歩だけではなく、ドッグランなどに連れていくととても喜んでくれるでしょう。
丈夫な体ではありますが、脚は細めの傾向がありますので、高いところから降りる際の注意をすることと、年を取ったらシニア犬用のドッグフードに替えてあげることを忘れないようにしましょう。
また、筋肉を維持することも大事ですので、年を取ってもある程度散歩に時間をかけるようにしてあげると良いでしょう。

ボルゾイってどんな犬?

オオカミ猟のための狩猟犬として飼われたボルゾイ

ボルゾイは、オオカミを狩るための狩猟犬として飼われてきたという歴史があります。
また、獰猛な動物から家畜や人間たちを守る番犬としての役目も果たしてきたという過去があり、とても勇敢で能力の高い犬として高く評価されてきました。
オオカミ猟は貴族の娯楽の一部でもありましたので、庶民が飼いならすよりも、上流階級の人たちが大事に育ててきたケースが多く、ボルゾイ独特の気品の高さもそのようなところから来ている可能性もあります。

ボルゾイは見た目にも品があってとても特徴的ですが、性格も温厚で人に慣れやすいという面がありますので、ペットとして飼うのにも適しています。
日本ではペットとして飼っている人は多くありませんが、ある程度犬の飼育経験があればとても飼いやすくて親しみやすい犬ですので、ボルゾイをペットとして考えることもできるでしょう。

気品のある顔が特徴的なボルゾイ

ボルゾイの特徴は、顔が長くてとてもスタイリッシュなところでしょう。
また、脚が長くてカモシカのようなしなやかな体をしていること、美しくて長めの毛も特徴となっています。

性格はとても穏やかで飼い主に忠実かつ従順という気質を持っています。
オオカミに立ち向かい猟をしてきたという歴史があるように、勇敢で精神力が強いというのもボルゾイの良いところでしょう。
飼い主の命令をよく聞き分けますので、しつけをするととても行儀がよくて他の人にも迷惑をかけないというメリットがあります。

狩猟犬として育ってきていますが、人にはとても甘えるという特性があって、飼い主としても愛情を持ちやすい犬と言えるでしょう。
また、無駄吠えをすることがほとんどありませんので、近所にも迷惑をかけることなく飼えるというメリットがあって、日本のシビアな住宅事情の中でもさほど問題にならずに飼えるでしょう。

ボルゾイを飼う際の注意点とは?

このように、ボルゾイはとても飼い主が愛情を持ちやすく、ペットとして優れている犬だと言えます。
しかし、能力の高さの割には繊細なところがあり、いつもいたずらをするような子どもがいるところだと強いストレスを感じてしまうことがあります。
そのため、どんな家庭でも飼えるというわけではなく、飼い主がしっかりと面倒を見てあげられて、ある程度犬の飼育に関する知識を持っていることが条件となります。
また、動物を狩るという本能が強いので、ネコや他の動物がいると、ついおいかけて小突いてしまうという特性も持っています。
そのため、他の動物と一緒にボルゾイを飼うのは避けた方が良いでしょう。
散歩の際には何らかの動物が道に出てくると、急に走り出して追いかけることもありますので、注意が必要です。

ポメラニアンってどんな犬?

女王のおかげで世界中の人気に火が付いたポメラニアン

ポメラニアンは、ドイツのポメラニア地方で生まれたことからその名前が付けられた犬です。
ポメラニアンの歴史はとても華やかなもので、貴族階級の人々に愛されて育ってきました。
庶民が番犬や仕事用のために飼っていた犬というよりは、上流階級の人たちが愛玩用として常に大事にしてきた犬なのです。

その人気はイギリスのヴィクトリア女王に届き、死ぬまでずっとポメラニアンを愛し続けていたと言われています。
時の展覧会に自分が大事に育てたポメラニアンを出展までして、そのおかげで世界中の人が注目することになり、一気に世界における知名度と人気が高まることになりました。
そして、その後も品種改良が続けられ、よりポメラニアンとしての魅力が高まることになり、現在でも日本を始めとする世界中の国々でたくさん飼われています。

その特徴の大きなものとしては、毛の生え方にあります。
ゴージャスなイメージを与える毛吹きがとても特徴的で、この毛の感じがポメラニアンの気品や美しさを演出しています。
毛の色は最初白やグレーなどの無彩色が多かったようですが、現在では茶色などの色も多く見られていて、色のバリエーションは豊富です。
体重は2キログラム前後で、体高は20センチ程度というのが標準的で、小型犬に属しますが、中型犬に近い大きめの個体もいます。
毛のフサフサ感が魅力的な犬でもありますので、長めの毛足を持つ犬が好まれる傾向にあります。

とても活発で運動が大好きなポメラニアン

ポメラニアンは高級貴族の間で飼われていたという歴史を持っていますが、もともとは仕事をこなす動物として誕生しています。
そのため、とても動くのが好きで活発なのが特徴となっています。
室内で飼う場合には、広めにスペースを取ってあげて、十分運動を行えるようにすること、毎日散歩に連れて行ってあげて、ストレスが溜まらないようにすることが大事です。

飼い主にはとても従順で聞き分けが良いので、初めて犬を飼う人でも比較的楽に飼えるというメリットがあります。
もちろん、これにはしっかりとしつけをすることという条件が付きます。
番犬として飼われることがあるくらい、ポメラニアンは見知らぬ人に警戒感を強く持つ犬ですので、上手に教えてあげないと吠え声で近所迷惑をかけてしまうこともあります。

細かな配慮が必要な犬でもある

ポメラニアンは長い毛足が特徴ですが、毎日ブラッシングをして、定期的にトリミングをしてあげることが求められます。
また、華奢な脚の持ち主ですので、関節炎になったり高いところから飛び降りた衝撃で骨を折ってしまったりするリスクがあります。
注意して遊ばせるなどの、細かな配慮をしましょう。