1. >
  2. >
  3. 多頭飼いのメリット・デメリット

多頭飼いのメリット・デメリット

メリット

犬はオオカミが先祖の動物であり、本来は群れを作り生活をしています。
しかし人間にペットや作業犬として飼われるようになり、次第に一頭で飼われることも多くなり、いつしかそのような飼い方をする方が多くなりました。

多頭飼いをすると、犬は本来の群れの中での一員として生活するようになり、順位を付けて生活します。
群れの中で自然と社会性を身につけていき、誰が上で誰が下か認識するようになります。
一頭で飼うと、人間よりも自分の方が上だとリーダーだと思いこみ、勘違いする犬もいますが、多頭飼いであれば、群れの中で順位が決まり、自分たちの役割も認識します。

飼い主としても、犬の数が多いと、それぞれの犬に対して甘やかすことはしにくくなるので、厳しくルールを課して飼うこともでき、社会性がより身につきやすいです。
飼い主としても、多くの犬と触れあい、沢山同じ時間を共有できるようになります。
犬としても、他の犬から刺激を受けて、ぼけにくくなります。

ちなみに、一頭だけなどで家で飼うときに、人間と同じようにして飼い主が犬と接すると、犬は自分自身を人間と思いこみます。
しかし、多頭飼いすれば、犬は自分自身を犬だと認識することも出来ます。
さらには、飼い主に一頭だけで、溺愛されて甘やかされる可能性も少なくなるでしょう。
どうしても一頭だけ飼って飼い主が溺愛すると、犬は自分をリーダーだと勘違いしてしまうこともあり、そのようなことも防ぎやすいです。

デメリット

多頭飼いをする中でのデメリットと言うと、犬がストレスを感じやすいということです。
元々一緒に生活していた犬であれば問題ないですが、最初に一頭だけ飼い、さらに後から他の犬を連れて来るとなると、犬同士の相性もあり、ストレスを感じることもあります。
特に、新しく子犬を連れてくると、元々いた犬は、ストレスを感じやすいです。
それは子犬は他の犬にじゃれることもあるので、それがストレスになるのです。
さらには、今まで一頭だと自分だけを可愛がってくれた飼い主が、他の犬に愛情を注ぐことで、やきもちを焼くこともあります。

飼い主にとってのデメリットというと、多頭飼いでは余計に犬に対するお金がかかることでしょう。
スペースが足りないと広くしないとならず、ケージが追加で必要なこともあり、えさ代なども余計にかかります。
さらには、頭数が多いと、それだけ散歩をさせたり、エサを与える、体を洗ってあげるなど、世話をするのにも余計に手間がかかります。

多頭飼いをするなら、犬同士が喧嘩をしない、ストレスを抱えないように、飼い主が配慮する事も必要です。
相性が合わないならば離すようにする、またはケージを別々にして世話をするなども必要となります。