1. >
  2. >
  3. 多頭飼いの注意点

多頭飼いの注意点

相性を考えて犬を選ぶ

多頭飼いするときは、ほとんどの場合、今飼っている犬のところに、新しい犬を連れてくることでしょう。
犬を新しく連れてくるときは、元々いる犬との相性を考えます。
性別や犬種、体格、性格などを考慮し、新しい犬を選ぶようにしましょう。

やはり同じような性格の犬の方が相性が良く、体格も同じぐらいの大きさの方が飼いやすいです。
性別に関しては、雄雌だと争いが起きにくいですが、繁殖させないなら去勢する必要があります。
すべて雌だと比較的大人しく、すべて雄だと、一匹リーダーになるような犬がいるとトラブルが起きにくいです。

相性はとても大切であり、相性の合わない犬を連れてくると、最初にいる犬のストレスになります。
ストレスが多いと、胃炎や吐き気、食欲不振を起こすこともありますが、長く一緒にいればそのうち慣れてきます。

新しく犬を連れてくる時

家に新しく違う犬を連れてきたときは、まずはケージ越しに犬同士を顔合わせさせて、亜互いの犬が喧嘩をしないか見ましょう。
もしもワクチン接種をしていないなら、摂取させてから家に連れてきます。
そのまま様子を見て、大丈夫そうだと、飼い主が監視しながら、二匹を一緒に遊ばせてみるなどしましょう。

犬同士喧嘩をする、攻撃的な性格であるなど、二匹の相性が合わないようであれば、犬同士空間を分けるなど、工夫が必要です。
最初にいる犬が、ストレスを溜めやすい性格であれば、無理して多頭飼いするのは避けた方が良いかもしれません。
または、今いる犬よりも危険の少ない、小さな体格の犬を連れてくるなど工夫しましょう。

他の犬が苦手でも、家にいる犬だけは大丈夫、自分のテリトリーに入る犬を攻撃するなど、犬によっても性格は違い、多頭飼いに向いているか向いていないかもあります。

飼い主が気をつけること

多頭飼いする時でも、飼い主はそれぞれの犬に均等に愛情を注いであげましょう。
どうしても、一匹だけに多くの愛情を注ぐと、他の犬は焼きもちを焼きます。
さらには、すべての犬に、一匹だけのプライベートになれるスペースを確保してあげます。
飼う犬分のケージや、サークルを用意してあげます。

多頭飼いでは、犬の数分だけエサ用の皿を用意して、犬ごとにエサの量を調節できるようにします。
他の犬が他の皿のエサを食べないように、飼い主は見てあげるなど、対処は必要です。

新しく犬を連れてきたときは、飼い主はその犬とも信頼関係を気づかないとなりません。
一頭ずつコミュニケーションを取るようにするのはもちろんですが、犬同士のルールや上下関係は崩さないように、注意しましょう。
下の順位の犬は、上の順位の犬に従うので、一見するといつも従ってかわいそうに見えますが、そこに飼い主が介入してはいけません。