噛み癖矯正につかえるスプレー

噛み癖矯正方法

スプレー犬を飼っている人にとっては犬のかみ癖も悩みの種かもしれません。
特に室内で犬を飼っている場合には、スリッパが噛まれてボロボロになっていたり、家具が噛まれて歯形が付いてボロボロになっていたりしませんか?
場合によってはあなたの手を噛んだり、他人を噛んだりして傷つけることもあります。
さらにはテレビなどの配線コードを噛む犬もいたりして、そんな場合は危なくて大変です。
そんなときに使えるグッズを紹介します。

ビターアップル スプレータイプ

ビターアップル スプレータイプは犬が噛んでしまうスリッパなどにふりかけて使います。
苦み成分によって、犬に噛んだ場所が苦いと感じさせることで噛むのをやめさせます。
苦み成分はりんごから抽出したものなので安全です。
噛んだ場所が苦いと犬に覚えさせることで噛むのをやめさせるのです。
販売サイトの商品レビューを見ても、
噛んでいた場所にスプレーしただけで苦いと感じて噛まなくなったと、効果抜群です。

何故犬は噛むのか

犬がものを噛む理由としては、そもそも犬は手足でものを触って知ることができませんので、自然と噛んで知るということになります。
しかし過剰に噛むということは、生理的、習慣、ストレス解消などの理由が考えられます。
人間がものを触るぐらい犬にとっては噛むという行為は自然なことです。
このために噛むこと自体は悪いことではありませんが、家で犬を飼うなら、噛んで良いものと悪いものを区別させなければいけません。
何でもかんでも噛まれては家の中の家具などが滅茶苦茶になってしまいます。

噛み癖のしつけ

噛んではよいものと悪いものを区別させるにはしつけするしかありません。
噛んではいけないものを噛んだときには、飼い主のあなたが叱って怒っているんだぞということを知らせなければいけません。
顔を軽くはたいたり、デコピンんをしたり、新聞紙で軽く叩いたりと、行動で示さなければいけません。

または叩いたりするのが苦手だというなら犬に噛めないような行為で知らせればいいのです。
たとえば、犬があなたの手を噛んだとしたら、犬の口を手で握って閉じて噛めないようにするのです。
このときに噛むなと言うような意味の禁止の言葉も一緒に加えると良いでしょう。

または噛んだときには犬の目を見てこらっなどの言葉で注意することも良いです。
このときには犬は一瞬ひるんで目をそらしますが、その時になったら思い切り褒めてあげると自然と噛まなくなります。

このように、噛み癖のある犬に対しては飼い主のあなたがしっかりと態度で噛んではいけないと言うことを示さなければ噛む癖は直りません。
しつけの一環として、その中で上記にスプレーを併用しても良いでしょう。