無駄吠え防止首輪

無駄吠え防止の方法

犬を飼っている人で悩みの種の一つが無駄吠えでしょう。
しつけでやめさせるという方法もありますが、なかなかしつけるのも大変です。
そんな時には無駄吠え防止グッズを使ってみてはいかがでしょうか?
犬の口を無理矢理閉じて無駄吠えさせないものから、犬の気持ちを紛らわさせて無駄吠えさせないグッズまで様々なものがあります。
そんな無駄吠え防止グッズをご紹介します。

バーク・リミッターG3

これは犬の首輪型の無駄吠え防止グッズです。
吠えると首輪から嫌な刺激が出て、それを利用して吠えないようにする仕組みです。
装着した犬の声にのみ反応するようになっており、周りの大きな物音や他の犬の声には反応しません。
条件反射によってすぐに学習して吠えないようになります。

レベルが7段階で設定できるようになっており、全ての犬に対応可能です。
また何回作動したかカウントするメモリー機能付きです。
さらにはスリープ機能も搭載されており、省エネ設計で電池で1年作動します。

機能や特徴

・安全テスト実施済みなので電気の刺激や皮膚の影響など安全なことが実証されています。
・スリープ機能は愛犬が眠って大人しくなって動きがないときに自動でスリープモードになり、犬が動くと通常モードになります。
・首輪は本体ユニットか取り外して洗うことが出来ますので清潔に保てます。
・小型犬から大型犬まで装着可能です。
・3Vリチウム電池1個で約半年間動作します。
・防水機能になっており雨天でも使用できます。

犬の無駄吠え防止首輪の効果

さて、子供の時の犬ならしつけでどうにかなりますが、大人になってしまった犬はなかなか癖というものが抜けません。
無駄吠えに関しても同じであり、しつけで直すのは大変です。
無駄吠えは犬にとって声帯に負担をかけるばかりではなく、周りの人や来客に来た人への迷惑にもなります。

無駄吠え防止グッズとしては首輪型のが多いですが、吠えると微弱な電流が流れる、振動を起こすというものが多数です。
例えば上記のバーク・リミッターなら犬に装着すると連続で8時間使用できます。
つまりは8時間は効果があります。
最初に首輪を付けたなら、歳弱レベルから初めて徐々に効果のあるレベルに上げていくと良いでしょう。

ただし犬によっては首輪を付けている間は吠えないけど、首輪を外したら吠えてしまうという場合もあります。
そのような時には、犬に首輪を付けている体験を覚えさせるようにしましょう。
具体的には、首輪を外している状態で吠えたら首輪を見せるようにするのです。
そうすると首輪を付けていたときのことを思い出して吠えるのを止めます。
それを繰り返せば自然と首輪を使わなくても吠えないようになります。
ポイントとしては吠えないときのは沢山褒めてあげて、吠えなければ良いことがあると覚えさせましょう。