犬も平気でうそをつく?

犬はいつも何を考えているのか

何考えている犬を飼っている人で一緒に生活しているなら、犬は普段どのようなことを考えているのか気にならないでしょうか?
あなたがエサを犬にあげたときはもちろんそのエサを食べますが、犬にとってそれは美味しいのか美味しくないのか。
犬の好きな色はあるのか、犬は痛いと痛みを感じることはあるのかなど、犬を飼っていれば色々と疑問に思うことはあるのではないでしょうか?
そのような犬の気持ちや感情を知ることが出来たなら、あなたは犬ともっと上手く付き合うことが出来るかもしれません。

犬も平気でうそをつく?

犬がどう思ってどのような感情があるのか知りたいなら、スタンレー コレンさんの犬も平気でうそをつく?という本がおすすめです。
犬は色を見分けることが出来るのか?夢を見るのか?計算できるのか?など犬の行動について書かれており、さらには、老犬との付き合い方かたから問題行動をやめさせる方法まで踏み込んだ内容についても書かれています。
これは彼が実験したことに基づいて書いており、心理学の実験を行って導き出したことを書いています。

犬にとって人間はどのような生き物として見ているのか、犬が生まれてから脳みそはどのように発達していくのか、犬を単なるペットとしてではなく、深い絆で結ぶための本としても活躍するでしょう。
また犬を知るだけではなく、育て方や訓練の仕方にも応用できます。

犬は甘い物が好き

犬は雑食の動物でありなんでも食べます。本来は狼が先祖であり、狼は肉食でしたが、それが犬に進化して人間に飼われていく間に雑食の動物となっていきました。
犬の舌は糖を感知する味覚細胞が発達しており、甘い食べものを好みます。
特にパンや焼き芋などが好きであり、中にはアイスクリームなどを食べる犬もいるようです。
ただしチョコレートは犬にとって毒物であるので食べさせないようにした方が良いです。
犬は甘いものが好きであり、アイスクリームやケーキなども食べますが、過剰摂取は肥満になり病気誘発の原因にもなります。

犬は肉も好きであり、どのような肉でも食べます。
どの肉が一番好きかとは明確には言えませんが、これは食生活に影響されるようです。
そして、犬は食べたことのない食べ物に対しては強い好奇心を抱くようです。
これは猫も同じであり、好奇心の強さが伺えます。

だたし、飼い犬として育てるなら人間が食べている物は与えない方が無難かもしれません。
犬にとって危険のある食べ物はいくつもあります。
葱類は犬を下痢させたり嘔吐や貧血などさまざまな症状を引き起こしますし、乳製品はお腹を壊します。
ナッツ類は尿石のもととなり、ミネラルウォーターは結石のもととなります。
人間の食べ物を与えるなら十分注意した方がいいでしょう。