突然餌を食べなくなる理由

急に餌を食べなくなる犬

毎日同じ餌を与えていたのに、今日に限って急に餌を食べなくなるような犬がいます。
このような事があれば、一番最初に考えられる原因は体調の変化です。
様子を見てもし体調が悪そうだったら、無理して食べさせずに、安静にしたり病院に連れて行きましょう。
感染症や内臓疾患によって食欲が低下し、餌を食べないこともあるので、早めに病院で診察させた方が良いです。
成犬でも病気や体調不良で餌を食べないことがありますが、子犬は元々食欲が旺盛なので、子犬で餌を食べないときは、病気などの可能性があります。

しかし犬の様子を見ても体調は悪そうではないとなると、餌を食べなくなった理由を一つずつ考えなくてはいけません。
次に考えられる理由として、ここ数日でいつもと違う餌を与えた、お肉やケーキなど豪華な餌を与えたということがあります。

犬にとっても豪華な餌は嬉しいことですが、何故急にこんな餌が出てきたのか、人間の都合で余ったから出した場合などでも、それを犬は知るはずがありません。
そうなると犬は通常の餌を我慢すれば、また豪華な餌が出てくるかなと思い、一時的に出された餌を食べなくなります。
この場合は、出した通常の餌を一度取り上げましょう。
そうすると出された餌が取り上げられたことにショックを受け、次から出された通常の餌を食べます。

その他の原因

犬が餌を急に食べなくなる理由は他にもあり、それも考えてみないといけません。

・拾い食いをした
散歩の途中に落ちている物を拾い食いしたり、家の中の小物を間違って誤飲したりすることもあります。
飲み込んだ物によっては体に良くないので、すぐに吐き出させるまたは病院に連れて行きましょう。

・ドッグフードの変化
今まで食べていたドッグフードと違う物を出したり、普段のドッグフードでも、保管場所が悪くて傷んだりしていると、犬はその変化に気づき食べません。
犬は嗅覚が発達して敏感なので、餌の臭いの変化にはすぐに気づきます。

・ストレス
動物病院やドッグホテルなど、普段と違う場所に長時間置かれると、犬はストレスを感じます。
このような場所でストレスを感じると、それによって餌を食べないことがあります。
最初は短い時間だけ連れて行くなど、ストレスを感じないように徐々に慣れさせた方が良いです。

・老化
犬も人と同じように歳を取ると食欲が無くなります。
通常のドッグフードだと内臓に負担がかかりますので、もしも食欲がないなら、高齢犬用のドッグフードに変えてあげると良いです。
またどのような餌がよいのか分からない場合は、一度病院で相談すると良いです。

その他にも犬は人と同じように季節の変わり目で食欲がない、胃もたれを起こしているなどの場合もあり、餌を食べない理由は色々と考えられるのです。

夜中に遠吠え

遠吠えの意味

夜中になると自分の犬が吠えるようなことはないでしょうか?
それはわんわんという昼間のような吠え方ではなく、わおーんというような声を伸ばした吠え方をする場合があるでしょう。
しばらく吠えていると、他の家の犬まで同じようにわおーんと呼応するように吠えることもあります。
屋外で犬を飼っていればこのような光景に出会うこともあるでしょう。

犬のこの独特の遠吠えは、野生のころから行われていました。
野生の頃は犬は集団で生活しており、群れからはぐれた犬は自分の位置を知らせたり、群れの位置を把握するためにこの遠吠えを使っていました。
しかししだいに位置を把握するために使っていた遠吠えは、いつしか寂しさを和らげるために使われるようになります。

犬が一匹となったときに寂しさを感じると遠吠えをして、他に誰かいないかと呼びかけるのです。
そうしてその声を聞いた他の犬が、自分も同じように遠吠えをしてここに居ると知らせて、一匹のみでないと慰めるのです。
このような寂しさを紛らわせたり、慰めたりする名残が、今も残っており、屋外で飼われている犬は静かになった夜中に遠吠えをするのです。

またその他にも現在では遠吠えは他の場合にも行うことがあり、仲間と交信するとき、ストレスを解消するとき、その犬の癖として遠吠えする場合があります。
犬は種類によっても遠吠えの声は違っており、分かっているだけでも犬科を含めて13種の動物が遠吠えをするようです。

遠吠えした場合の対策

遠吠えの意味は寂しさから、仲間との交信、ストレス、最近では車や電車や救急車の音に呼応して行うような場合もあります。
もしもあまり犬とスキンシップをしていないなら、遠吠えは寂しいから行っている可能性が高いので、出来るだけ犬と触れあいましょう。

しかし十分にスキンシップしたりして接しているのに、それでも遠吠えを止めない場合は、何か他の原因があります。
どうしても遠吠えがうるさいのなら、しつけして止めさせるしかありません。
それは遠吠えをしたら叱って、遠吠えすることはダメなことだと犬にわからせましょう。
ただし飼い主のしかり方によっては、叱っているつもりでも、犬にとっては遊んでもらっていると勘違いする場合もあるので、少しきつめにしかりましょう。
また犬と飼い主の立場が逆転していると、いくら叱っても効果はありません。

犬によっては野生本能が強い種類や、逆に昔から人間生活の中で飼われてほとんど野生を失い、あまり遠吠えしない種類もいます。
飼っている犬がどのような犬なのかを調べておく必要はあります。
野生本能が強く残っている犬は、きつめに叱ってもなかなか遠吠えを止めないので、根気が必要です。

犬の仮病について

犬も仮病を使う

人は嫌なことがあれば仮病を使って仕事や学校を休んだりしようとしますが、実は犬も仮病を使います。
それぐらい犬も賢いのです。
たとえば、ある時飼い犬が足を引きずっており、病気かなと思って病院に連れて行っても、検査では異常が見つからず、大丈夫だと言うことがあったりします。
しかし家に帰って連れて行くと、やはりまた足を引きずっているということがあります。

実はこういう場合は犬が仮病を使っており、人間と同じように仮病を使うのです。
たいてい犬が仮病を使うのは、大きな怪我を一度でも経験したことがある犬と決まっています。
このときに飼い主は犬に対してどのように接していたか、思い当たるならどうしたか記憶をたどってみましょう。
飼い主は犬が怪我したときに、普段以上に親身になって接してケアしたりします。

じつはこれが仮病を使わせる原因となります。
犬はこれによって体調を悪そうにすれば、飼い主が優しくしてくれると味をしめてしまうのです。
そして犬は寂しかったり、飼い主に振り向いて欲しいときに仮病を使うようになります。
このあたりは、学校や会社に生きたくない人間と、心理は似ているでしょう。

仮病対策

もしも犬が仮病を使うようになったなら、飼い主は無視をしていれば、犬が相手にされないとわかり、一つの対策とはなりますが、根本的な解決とはなっていません。
飼い主としては、仮病を使うようになったなら、何故犬が仮病を使うのかを考えないといけません。

それは仮病を使うのは、飼い主が犬の面倒をあまり見ていない、普段から犬と接する機会が少なくコミュニケーションを取れていないということがあります。
犬と触れあう時間が少なかったり、スキンシップを怠っていたりすると、犬は自然と寂しいと感じるようになるのです。
そして犬が怪我をして、飼い主が親身になってくれると知ると、怪我をしていないときでも寂しいと感じると仮病を使います。

まずは犬が仮病を使うようになったら、飼い主はきちんと犬と接して、犬とのスキンシップを十分に行ってあげましょう。
あまりに甘やかすぐらいスキンシップすると、今度は逆に犬が自分が上の立場と勘違いしますが、適度なスキンシップはやはり必要です。
そうして自然と日常的にスキンシップをするようになれば、犬も寂しいと感じなくなり仮病も使わなくなり、これが根本的な解決方法です。

仕事などが忙しくてどうしても犬との時間が取れない、毎日犬を散歩させる時間がない、または犬を世話をするのが面倒くさいなどと考えるなら、やはり犬は飼うべきではないでしょう。
世話が出来ないなら、最初から犬は飼うべきでなく、無理矢理飼えば犬が不幸になってしまいます。

親犬と子犬の噛み具合について

親の犬が噛む行動

親の犬は子犬が生まれると、子犬を噛んだりして子犬を移動させたり、子犬とじゃれたりする光景が見られます。
これは普通のことであり、犬は人間と違い手を器用に使うことが出来ませんので、変わりに犬は口を使って手のようにして使います。

しかし親犬は噛む行為をこのような事に使うばかりでなく、本気に近いような形で子犬を噛むことも行います。
これは飼い主から見れば、子犬をかみ殺そうとするぐらいに危険に見えるかもしれませんが、実はこれは親犬が子犬に噛むことを教えている社会勉強の一つなのです。

噛む行為は犬にとってはとても大切なことです。
食事をするときはもちろんのこと、じゃれあったり、犬同士の争いや、狩りなどの時でも噛むという行為は重要になります。
そして噛む力によって、じゃれたり狩りをしたりと使い分けなければいけません。
このような噛むことを、親犬は子犬が小さい頃から教えているのです。

このために、このような光景を飼い主が見たとしても、無理矢理止めさせるようなことはせずに、親犬に好きにさせるようにしてあげましょう。

過剰に噛みすぎる犬

親犬の子犬への教育の一環として、子供の頃から噛んで噛む力を教えるということは、どの犬でも行われる行為です。
これ自体は問題ありませんので、飼い主は特に心配する必要はありません。

しかし、最近では室内犬など犬社会から隔離して育てられた犬もおり、犬社会へ適応していない犬もいます。
このような犬が子育てをするときは、注意が必要であり、飼い主は注意深く親犬を見ないといけません。

噛むことを教えている場合に、子犬が傷つかない程度に、ある程度力を抑えて親犬が噛んでいる場合は良いですが、子犬が痛がっていたり、悲鳴のように吠えていたりする場合は危険です。
中には子犬を傷つけてしまうような親犬もいます。
酷いと耳の形が変わってしまうような場合もあり、獣医の元へ訪れる子犬もいます。

これは親犬自体が噛むことの訓練をされておらず、飼い主との生活でも噛む力の訓練をしていないことにより引き起こされることがあります。
またストレスによって子犬を傷つけてしまうような場合や、親犬でも育児放棄をしてしまうこともあり、このような時も子犬は傷つけられます。

もしも子犬が酷く怪我をしてしまうような状態になっているなら、一度親犬から子犬を離す、獣医の元へ連れて行って症状を見せてあげる、さらにはペットトレーナーなど今後の方針を相談するなどのことをした方がいいでしょう。
また子育て中の親犬に、飼い主があまりにもかまいすぎると、それが逆にストレスとなり、子犬にぶつけて発散するということもあり、飼い主が原因で子犬が怪我させられることもあります。

噛みの力加減を教える

噛むことについて

犬は人間と違い手足を使って物を掴んだり、その対象物の形や温度を把握することは出来ません。
そのために、何をするにしても口にものを入れて、口の中の感覚で対象物を知ろうとします。
しかし人間社会で生活するようになると、甘噛みでも犬によっては遊んでいるつもりでも、人を傷つけることもあります。

犬が噛むことは人間が手で物を掴むぐらい普通のことであり、どの犬でも必ず行うことです。
そして人が物を触ろうとして叩かれたりするとストレスになるのと同じように、犬も噛むことを強制的に止めさせられるとストレスになります。
しかし犬の噛む力は強いので、人間と生活していく上では、どれぐらいの力加減で噛めばよいかを教えないといけません。

これをしないと何でもかんでも力一杯噛むようになり、人の手や腕なら歯が刺さって怪我をします。
そして犬にも噛むや引っ張るという行動は欲求として求めるので、これを満たしてあげる必要があります。

噛む力の訓練

まずはもしも犬が強い力で噛んできたなら、その時は痛いと言って犬を強めに叩きましょう。
もしかしたら遊んでじゃれているときに、自然と犬に強く噛まれることもあります。
犬を叩くことは良くないですが、このような時は例外であり、しっかりと叱るとが大切です。
そうしないと、犬と飼い主との立場が逆転し、犬が上の立場と考えるようになり、飼い主の言うことを聞かなくなります。

そして日常では、噛む遊びを取り入れて、噛む力を教えてあげましょう。
まずはボールなどの噛んでも壊れないようなおもちゃを用意して、遠くに放り投げて持ってこさせるような遊びをしましょう。
これにより犬は本能を取り戻し、獲物を捕らえる訓練ともなり、ボールを捉えると飼い主に捕らえたと言うことをアピールします。

タオルなどを用意して、犬と引っ張り合いをする遊びは、飼い主との力関係をわからせる意味もあり、歯にも刺激を与えて良いです。
タオルやヒモなどで引っ張り合いをする時は、必ず飼い主が力で勝つようにしましょう。
そうすることで、飼い主の方が強いと犬にわからせることになります。
ただし毎回飼い主ばかりが勝つと犬のストレスとなるので、3回に1回ぐらいは犬が勝つようにしてあげると良いです。

また部屋の中には噛んでも良いものと噛んではいけない物も存在するでしょう。
おもちゃやタオルなどは噛んでも良いですが、例えば飼い主の腕などは噛んではいけません。
必ず噛んではいけない物に噛んで傷つけたりした場合は、必ず犬を叩いてしかって、噛んではいけないことを教えましょう。
飼い主がこれをしないと、犬が噛んで良いものとそうでないものを理解できませんので、家の備品などを壊すこともあります。